2017年12月6日

爽やか汗だくプレイで18歳ピチピチ娘の“初イキ”をいただいちゃった話【セブンスヘブン】

セブンスヘブン

宇都宮風俗体験談

何ごとにも“初めて”がある。

たとえば、初めて立って歩く、初めて「まんま」とか何とか……言葉を発する。
あるいは、初めて勃起する、初めて濡れる、初めて「気持ちイイとは何なのか」をカラダで理解する。

そうやって人はエロくなってゆくのだ!

というわけで、今日は宇都宮の風俗で僕が嬢の“初めて”をひとついただいちゃった
――そんな話をしたい。

彼女は見事なつやつやの黒髪をなびかせた18歳の女の子。

そのお店、【デリヘル宇都宮セブンスヘブン】で初めて風俗の世界に足を踏み入れたというふれこみのピチピチ娘だった。

愛の人妻宇都宮店

愛の人妻宇都宮店

栃木県宇都宮市にあるデリヘル・ホテヘルなら セブンスヘブンです。エッチな女の子がお出迎えする宇都宮の風俗店です。

何となくイッた。後悔はしてない。

スマートフォンを見る男その日は特別ムラムラしていたわけじゃなかった。

少なくとも体はまったりムードで、わがムスコは厚めの包皮の奥に引っ込んでぬくぬくしていた。
土曜日の午後2時過ぎ――社会人の多くが1週間でいちばん堕落する時間帯(いまわしいウィークデイは彼方に去り、次の月曜日はまだまだ先だ)。

僕は先日出したコタツに身をゆだね、スマホにブックマークしているサイトを片っ端から覗いて最新の情報をぼんやりチェックし、
――そしてヘブンネットをひらいてしまったのである。

お店にイカないわけにはいかなくなった

条件反射的に、かすかにムスコが反応する。
引きこもっていた包皮の奥から、チラリと出てくる――かと思うと、ゆっくりと亀頭がふくらみ、包皮を押し分けて半勃起状態に!

はんたくん
はんたくん

うーむ、こうなってしまっては
イカないわけにはいかないのではあるまいか……。

何しろ根がエロいので、そういう思考回路になっちゃうのである。
気づけば、僕の指は激しくスマホをタップし、スワイプし、ダブルタップしたりピンチイン&ピンチアウトしたり……要するに本腰を入れてお店を、そして女の子を探し始めちゃっていたのである!

こうしてその日、僕は【デリヘル宇都宮セブンスヘブン】を利用することになった。

何となくイクことになったわけだ。けれど、後悔はしていない。

われ、ピチピチ娘を発見す。

あ○ね写メさて、ヘブンネットを隅から隅まで見た末に「今日はこのコだ……!」となったのは、
「あ○ね」ちゃん18歳。

決め手は、言葉を尽くして褒めまくる店長からのコメントと写メ日記――特に素顔が出ちゃっている日記のほうは大いに役に立った

例によって、「あ○ね」ちゃんもあのハタ迷惑なアプリケーションSNOWを使っている(「風俗業界では使用禁止!」っていう条例はよ)。

ただ、圧倒的美少女!って感じではないにしろパッチリした目、キュートなフォルムの鼻、優しそうな厚めの唇……というカワイイ系のルックスだったし、腰はキュッと締まっている感じだった。ほんのり汗をかかせたらイイ匂いがしそうなピチピチ娘だ!

というわけで早速、調べまくったせいで電池をいちじるしく消費したスマホに充電器のコードを挿入したうえで、お店に電話をかける。

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイこんにちは!

はんたくん
はんたくん

予約をですね、したいんですが

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイご予約ですね。
ハイえーと、お目当ての女の子はいますか?

はんたくん
はんたくん

「あ○ね」ちゃんのほうを
お願いしたいんですが

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイ「あ○ね」ですね……
「あ○ね」……
ハイ少々お待ちください

(こいつ……「ハイ」が口癖だな……!)
どうでもいいことを気にしつつ保留音のBGMを聴いていると、

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイお待たせいたしました!
えーハイ、「あ○ね」ちゃん
最速で17時からのご案内が可能です

今は、――おっとそろそろ3時になろうかというところ。

オトクすぎる新規割引ヤッてた!

はんたくん
はんたくん

わかりました。
じゃあお願いします

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイ「あ○ね」ちゃん17時から。
コースのほうはいかがしましょうか

ここで、僕はオフィシャルHPに載っていた情報をもとに聞いてみることに。

はんたくん
はんたくん

あの、『初めて割』ってのは
使えるんですか?

そうなのだ、僕は知っていた。

セブンスヘブン】ではいくつかの割引イベントを絶賛開催中で、
「初めて割」なるイベントもそのひとつ。

セブンスヘブン店員
セブンスヘブン店員

ハイ使えますよー
何分をご希望ですか?

はんたくん
はんたくん

100分コースで!

ホテル代込100分コースは、通常で基本料金24,000円
――しかし、割引を利用すれば22,000円になる、とのことで。

18歳のピチピチ娘を100分も好きにできる――かなりオトクだと言っていい。

いいぞ。

僕のムスコは完全に包皮を脱ぎ捨てて臨戦態勢に入っていた……!

お店のシステムはちょっぴりフクザツ。

セブンスヘブンの店舗というわけで、17時。

僕は簗瀬町のとある店舗の前に立っていた。平成通り(県道46号線)沿いのクリーニング屋と古びた家にはさまれた、小ぢんまりとしたお店
――そこが【セブンスヘブン】の“受付所”だ。

デリバリーもやってるみたいだが、
基本は“受付所”で女の子を選び、提携するホテルの一室で女の子とご対面
……という流れになるようだ。

システムはちょっぴりフクザツ。関西あたりでよくお目にかかるホテヘルという形式に近いかもしれない。

お店に行ってからホテルへ

お店の裏手にあるホテル店舗に入ると、例の“ハイ店員”が迎えてくれた。

「あ○ね」ちゃんで予約したことを告げると、愛想よくテキパキとシステム説明、ホテルへの道順を教えてくれる。

お店の裏手にある、ほどよく小ぎれいなホテル。
フロントで、今度はそこのオヤジさんと向かい合うことになる。

――と、何だかんだあってホテルの部屋の前に。

すでに「あ○ね」ちゃんがココにオマ●コを濡らして待機しているという。

ふだんデリヘルでは女の子がホテルに訪ねてくるものだが、今回はコッチがドアをノックする――何だか女友達の家にエッチ目的で遊びに来たみたいな、面白い感覚だ。

そして、ドアがオープンした。

キスで感じる敏感娘だったぞ……!

あ○ねちゃん写メはんたくんは歓喜した。

ほほえみを浮かべてそこに立っていたのは、SNOW加工された写メより0.5%減のルックス(要するにほとんど写メどおり!)のピチピチ娘だったのだ!

大胆に襟ぐりが広い服を着ている彼女。ハリのある肌、鎖骨がほどよくくっきり浮いた胸もとからセクシャルな匂いがむんむん発散されている。おいしそうなカラダだ!

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

どうぞー。はじめましてです

言葉づかいも可愛らしい。
彼女のすぐ後ろについて部屋の中に入ると、ふわっとイイ匂いがする。

アタリじゃないか、これは!

ソファで並んで座る僕。喜色満面でニコニコである。

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

あのー、今日は写真を見て来てくれたんですか?

はんたくん
はんたくん

そそ。写真見たの。
可愛いなーって思ったからね、
予約したの

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

ありがとうございます。
うれしいですっ

ホントにうれしそうな感じを出して肩を寄せてくるので、ますますコッチも顔がくずれる。
はんたくん、メロメロである。

カラダがぴったりくっついている。「あ○ね」ちゃんの髪が揺れる。イイ匂いがする。

はんたくん
はんたくん

写メも見たよ。髪がきれいだねえ

肩に手をまわして肩のあたりでふんわりカールした黒髪を撫でてみる。しっとりつやつやですべすべだ。髪の毛1本1本までピチピチなのである。

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

髪だけー?

と、ゼロ距離で上目づかいになる「あ○ね」ちゃん
――絶妙なタイミングでタメ口になるこの感じ。
なかなか男心がわかってるじゃないか。

勃起率がまた上がったぞ。

はんたくん
はんたくん

いや、ほかもきれい

髪をなでつつ、空いた手を彼女のアゴにやって、上げさせる――くすっと笑いつつ、僕がナニをしたいか察したらしく、すっと唇を寄せてくる「あ○ね」ちゃん。そう、キスだ!

18歳の唇は――花のつぼみのようにぷりぷりで、同時に焼き立てのパンのようにふっくら&しっとりである。

しかも「あ○ね」ちゃん、キスをちょっと激しめにしてやると、目をキュッと閉じ、肩を震わせて

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

んんっ//

可愛い声で鳴いちゃうのである。

おお、なんと彼女、キスで感じる敏感娘なのだ!

ピチピチ娘は“くすぐったがり”だった……。

これは、今日は120%たっぷり楽しめちゃうに違いない。

期待感が高まり、勃起率は95%を突破!

僕はキスを続けながら髪をなでていた手を離して彼女の鎖骨のほうへ――しかし次の瞬間、

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

あはっ

「あ○ね」ちゃんは唇を離して僕の手を押しつぶさんばかりの勢いで首を傾け、ガッチリ肩をガードしてしまったではないか!

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

うふっ……だ、ダメ。くすぐったいです

勃起率が93……91……86%に低下!
何ということだ、キスで感じる敏感娘は同時に“くすぐったがり”だったのである!

そう、これはしばしば起こる現象である。カラダが成熟すればするほど性の悦びが深くなる、敏感体質の女性。

そんな女性の中には、ハタチ前後の若いうちはまだ性感が開発されきっておらず、「気持ちイイ」よりも「くすぐったい」が強くなっちゃう――そんな人がいるのだ。

もう少したてば、触れるか触れないかのフェザータッチで優しく体じゅうに指を這わせる愛撫で激しく濡れてピクンピクンしちゃうことになるのだが、今のところ「あ○ね」ちゃんは身をよじってころころ笑うのみだ。

――ひとしきり笑った「あ○ね」ちゃん。

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

ごめんなさいふふっ

うっすら涙のにじむ目で僕を見上げる――その表情に勃起率は再び90%を超えた。
ま、何だかんだいっても18歳のピチピチ娘。
オッパイを揉める、しゃぶってもらえる、それだけでイイじゃないか。

はんたくん
はんたくん

くすぐったがりなんだ?

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

すごい敏感なんですよー

などと会話をしつつ脱衣タイムに入ってからは、“やっちまった感”は霧散していた。

ブラを取る――次の瞬間にむきたてのたまごのようにつやつやのオッパイがぷるるんっと現れる
――理性が崩壊しそうな一瞬だった。

“指入れ”で、「あ○ね」ちゃん覚醒……!

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

うわー、すっごいおっきい

18歳の女の子にピンク色に火照るほど膨張した亀頭を褒められ、すべすべの手指で丁寧に洗ってもらって感動しつつシャワータイムが終了。

「あ○ね」ちゃんのオッパイも、乳首がピンピンに勃っている状態である。

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

ふあっ……♡

時間をかけたキスのあとで、ハリのあるぷるるんオッパイを手のひらに包んだとき、彼女の口から漏れた声。

ぴくんっ、と震えた太もも。

勃起率は限りなく100%に近づく。亀頭がかすめたシーツはガマン汁の糸を引いた。

そう――「あ○ね」ちゃんは今のところ“くすぐったがり”ゆえに、肩とか首筋とか耳とかわき腹とかに触れると笑ってしまう。

しかし、オッパイやオマ●コといったスタンダードな性感帯は、すなおに気持ちよくなっちゃうのである

この角度なんだな……君がいちばん感じちゃうのは!

全身を撫でたり舐めたりするのが好きな僕には多少の物足りなさもあるけれど、オッパイを揉みつつ空いた手を太ももの奥にすべり込ませ、熱く濡れた部位に当ててその反応を目にするのは楽しいものだ。

“責めどころ”は限られている――こんなときは、いろんな角度から楽しむのがイイ。

というわけで、横になった状態で彼女のカラダをひっくり返し、背後から抱く体勢に。
ムスコを意識的に太ももにこすりつけて存在感をアピールしつつ、手を前に回してつるんっとすべりそうなほどたっぷり濡れたクリトリスを優しく引っかくようにいじると、

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

あ、ヤバいそれキモチイッ♡

となって、どんどん甘い蜜をあふれさせてしまう「あ○ね」ちゃん。

さらに、すべるに任せてつるんっとヒダヒダの奥に指をうずめると――。

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

あひっ♡

萌え系エロマンガのヒロインみたいな声を上げて、指を動かす前からオマ●コをぎゅんぎゅん収縮させつつ感じてしまう彼女。

はんたくん
はんたくん

この角度なんだな……君がいちばん感じちゃうのは!

絶頂するオンナは背中に汗をかく。

ベッドルームものの本によると、快感がMAXになると女性の背中、太ももの内側、膝の裏といった部位の汗腺がふわっとひらき、そこから大量の汗が分泌される、という。

耐えに耐えた快感がついに耐えられないレベルになったとき、ぎゅっと収縮していた筋肉が弛緩状態になる。

そのとき、汗腺や涙腺がゆるんで女性はいっそう濡れてしまう――そんなメカニズムがあるのだ。

――と、そんな知識はエロい男の子なら誰でも持っていると思うけれども、実際に目にするのはまれだと思う。

背中にぶわっと汗をかき、全身をビクビク波打たせながらイッてしまう、そんな女性の姿を目にするのは。

僕はその日、「あ○ね」ちゃんにその現象が訪れるのを目にした。

そのとき、彼女は四つん這いで、
僕はその背中とお尻を見下ろしつつ、人さし指と中指をのばすピースマークで彼女のオマ●コを責めていた。
人さし指をあたたかな蜜壺の奥に突き込み、中指でクリトリスをこするようにする“2点責め”だ。

初めのうちは、

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

うっ、あっ、ひっ♡

という感じの喘ぎ声だったのが、あくまで優しく、しかし指をスピードアップさせると、
背中を激しく上下に波打たせ、甘い匂いのする汗をかきつつ、かすれた声で叫びはじめちゃったのだ!

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

あっ……ヤバいどうなっちゃうのコレっ//

シーツを掴む指が真っ赤だ――こうして、「あ○ね」ちゃんはイッちゃったのである。

締めつけバッチリのふっくらリップでフィニッシュ!

僕も興奮MAXで激しく指を動かしていたおかげで、「あ○ね」ちゃんが盛大に体を痙攣させてイッちゃったあとは、2人して並んで天井を見上げ、汗だくで息をつくことになった。

顔を見合わせると、「あ○ね」ちゃんはとろけるような表情で少しだけほほえんだ。

――と、ここで。
現実が戻ってきたことを告げるタイマー音が鳴る。
ああ鳴ってしまった。シャワーを浴びてホテルを出なければ……と思っていると、

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

せっかくだから……

「あ○ね」ちゃんは汗に火照ったカラダを寄せてきて、僕にまたがると、

あ○ねちゃん
あ○ねちゃん

ちゃんとイカせてあげる……♡

キス、乳首舐め、お腹を通って足の付け根も丁寧にリップ……
そして、勃起率200%を軽く超えて痛いくらいになっているムスコを口に含むと、慌てずゆっくり深く、深ぁく咥えるフェラをしてくれたのだった。

1分もたずにフィニッシュしちゃったことは言うまでもない。

評価

嬢レベル ★★★★☆
18歳で、よく笑い、よくイク。すばらしい嬢だった。
ただし、序盤で“くすぐったがり”なトコが発覚して若干ガッカリしちゃったので星をひとつ減らした。
プレイ満足度 ★★★★★
責め派の僕としては、200%満足した。しっかりイッてもらえたところもよかった。
男としての自信がつく。楽しい100分間だった。
リピート有無 ★★★★★
アリアリである。
もうすこし時間を置いて、彼女が名実ともに“全身敏感体質”となった頃にまた指名したいところ。