2017年9月11日

「チェンジ!」って、言わなくてよかった…!【激安!奥様特急 宇都宮最安!】

激安!奥様特急 宇都宮最安

宇都宮風俗体験談

ララスクエア宇都宮このあいだの休日、ララスクエア宇都宮のヨドバシに行こうと思っていた僕は、宇都宮駅の前でポーランド人の女の子に声をかけられた。

澄んだ琥珀色の目。そばかすが薄く浮いた、鼻筋の通った顔。彼女は日本の大学でベンキョをしている、とのことで。

「これ、ワタシのアルバイト」と、出された箱の中には絶妙にダサかわいい手作りのアクセサリーが!

ああ、なるほどね……。

僕はここで「NOと言えない日本人」の特性を発揮して、黙って千円札を出した。いちばん安いビーズのブレスレットが、1,000円だったのだ。

こんな感じで、僕は何かにつけてNOとは言えない

心の底では「何だいこんなもの!」と思いながらも買ってあげちゃうし、たまに部屋の中でブレスレットを手首に巻いてみたりする。

とはいえ、『言えなくてよかった…!』と、心の底から思うこともたまにはある。きょうはそんな体験をお話ししたい。もちろん、風俗での話である。

激安店

その日、僕がお世話になったのはデリヘル【激安!奥様特急 宇都宮最安!】だった。

回春性感クリニック

激安!奥様特急 宇都宮最安!

激安!奥様特急 宇都宮最安!ウェブサイトです。当店は「駅で待ち合わせをして奥様と一緒にホテルに行く」という本当に不倫をしている様な気分を味わえるデリヘルです。

この激安店――学生時分にはよく利用したものだが、最近は遠ざかっていた。

その日、このお店に電話をしたのは、ありていに言えばあんまりお金がなかったからだ

そしてもうひとつ、HPを見ていたら「おっ。このコなら満足できるんじゃないか!?」という嬢を見つけたから、という理由もある。

彼女は「あ○(37)」――90センチのほどよい揉み心地のEカップ。ウェストサイズは59、激安店基準ではギリギリ許容範囲内の数字だ。

むしろ“ちょいぽちゃ”のコが好きな僕にはベストサイズともいえるかもしれない。

例によって写メ日記を舐めまわすようにチェックしたとき、ちょっと大きめだけれどハリがよさそうなお尻も見た。

80分コースを選んで無料オプションGET!

高速ローターさて、そういうわけで電話だ。いくら持ち金がとぼしいといっても、この店の最短コース「30分直行即抜コース」はちょいと短すぎる。

基本料金3,200円というのは魅力的だが。

やっぱり、「80分痴女快速コース」あたりでねっとりと楽しみたい……というわけで、「80分コースでお願いしたいんですが」と店員氏に告げる。

あー、はい。オプションは何にします?
『オプション?何にします?何だ、料金を上乗せさせようってか?』

反射的にカチンときたが、聞いてみるとどうやらそうではないという。見逃しちゃってたが、HPにも載っていた。

80分コースからは、
高速ローター
強制バイブ

……などなど、ふだんは有料のオプションを1点、無料で付けることができるという。

ノーパンノーブラでお願いします

ラガール『でもなあ、あんまりオモチャって使い慣れないしな、でもせっかくなら付けたほうがお得だよな』などと考えてスマホを耳にあてたままザッとHPをチェックしてみると、「ノーパンノーブラ」というやつを発見!

コレに決めた!

何といっても、相手は37歳の奥様だ。下着なしでホテルの部屋まで来るには、羞恥心たっぷりのひとときを過ごすに違いない。恥じらいと興奮で、オマ○コを濡らしちゃっているに違いない……!

そんな妄想が一瞬のうちに閃いたので、「ノーパンノーブラでお願いします」と告げる。

ホテルに入ってまた連絡することを告げ、電話を切った。

まあまあお得

ホテルは、宇都宮駅から近いお気に入りの【ラ・ガール】だ。ちなみにその日は日曜日で、時間は午前12時半。日曜日のラ・ガールは15時までフリータイム3,800円で利用できる。

ということは、80分痴女快速コースの基本料金が8,500円交通費1,000円ホテル代とかその他を足して総額、約13,000円。この値段でたっぷり80分ノーブラ、ノーパンのエッチな熟妻と過ごせる――そう考えると、まあまあお得だといっていいだろう!

第一印象はビミョーだったけれど……。

宇都宮ラガール室内さて、そんなこんなで午後1時前、ホテル【ラ・ガール】の一室でベッドに腰かけていると、ノックの音。
「あ○」さんの登場だ……この瞬間がデリヘル遊びの絶頂である。

一瞬のうちにありとあらゆる妄想が脳裏をめぐり、ドアを開けてしまえばあとは無我夢中だ。

あるいは、ガッカリしちゃうこともある。

その日、僕は一瞬ガッカリした。

想像していたのは「欲求不満でフェロモン満点のぷるるん熟女」だったのだが、そこに立っていたのは、にこやかな雰囲気で人あたりは良いものの、「ふつうの奥さん」だったのである。可もなく不可もない。

ふつうの奥さん…

ふつうの、ごくごくふつうの、ララスクエアの中とか、宇都宮駅のホームとか、ウチの近所ですれ違うような――すれ違った次の瞬間には記憶にも残らないような、ふつうの奥さん。

それに、僕の想像していた“ちょいぽちゃ”よりもう少し“ぽっちゃり”だったのである。

これは、チェンジって言ってもイイかな?

僕は一瞬、考えた――どうせ僕は「NOと言えない日本人」ならぬ「チェンジと言えない風俗客」であることをわかっていながら、『言ってもイイかな?』と考えてしまったのである。

ノーブラなんですか?

ノーブラブラウスというわけで何も言えないまま、部屋の中に彼女を招き入れ、お金を支払い、ベッドに並んで腰かけて。

お兄さんどうしたの?緊張してる?
『年上の女性に「お兄さん」なんて呼ばれて……オレは何をやってんだ、こんなとこで』

などと考えつつ、「あ○」さんのほうを見ると――おや?近くで見ると肌がきめ細かで色白で、しわはあるが、首筋などはなまめかしさも感じられるような。

それに、女性特有のイイ匂いもする――熟してコクのある、オンナの体臭だ。

チェンジって言わなくてよかった

このあたりで、僕の思考は急にポジティブシンキングになった。

そして、見つめ合った「あ○」さんの目の中に何となく僕に気を許している感じがあったこともあって、思わず言ってしまったのである。

の、ノーブラなんですか?
そうだよー。ほら

あたたかい、生活感のある手で僕の手を取り、胸もとにいざなう「あ○」さん――この瞬間だ。僕が、「チェンジって言わなくてよかった」と最初に思ったのは!

感度良好なカラダ

風呂カーディガンとブラウスを通して、「あ○」さんのやわらかいオッパイの感触が手のひらいっぱいに広がる。

思わず指をまげて揉み、まさぐって乳首を探すと、「……あっ」「あ○」さんのグロスを厚く塗った唇のあいだから声が漏れた。

さてはこの人、感度良好なカラダを持っているな?

僕は無言で彼女のオッパイを揉みつつ、ゆっくり背後に回って、いったん手を離して今度は首筋のあたりをフェザータッチしてみた。すると、「……くっ、ああダメ

背をぴくんっと軽くそらせて反応するではないか!

そのへんの地雷嬢なら「くすぐったいからやめて。マジで」などと乾いた声で言ってコッチを萎えさせるものだが、「あ○」さんの反応は僕の勃起を促進させるものだったので……。

着衣ノーブラを楽しむ

しばらく着衣のまま、「あ○」さんの首筋や背、肩を、そして首筋から胸もとへと指を這わせ、柔肌をたっぷりと味わって、身をくねらせ、下半身をモジモジさせながら悶える「あ○」さんの反応を楽しみ、

もうダメ……お風呂行こう」という言葉を受けて、脱衣を開始。

もうすっかりポジティブシンキングなので、「あ○」さんのお肉の量も気にならない。

むしろ色白の肌はポッと紅潮していて、そそるものがある。

シャワーを済ませてベッドへ

ラガール・ベッドここまで来れば遠慮は無用だ。コーヒー色の乳首を指でこねくりつつ太ももを撫で、少し強めにつかんでみたりしてMっぽい反応を大いに楽しむ。

ディープキスにもよくこたえてくれるので嬉しい。「んっ、んっ」と舌を絡めながら声を漏らすところも可愛い――そう、もうすっかり「あ○」さんは僕の腕の中で“可愛い女”になっていたのである

モジモジさせる下半身からはほのかに“あの匂い”が立ちのぼる……指を向け、スッと潤みきったところをなぞりあげると、「あっ、はあ……!」ひときわ大きな声が漏れた。

中のほうが気持ちイイ

「痛くないですか?」と耳たぶを舐めながら聞くと、「うん……大丈夫、でも中のほうが気持ちイイ

しばらくクリいじりを延長してじらしていると、腰を浮かしてしきりにヒクつかせるので、びらびらの部分をかき分けて一気に2本、指を挿入(ちょい“ゆるめ”だったので)。

僕の肩をつかみ、ぎゅっと耐える表情を作って快感を噛みしめる「あ○」さん。挿入しただけでコレだ……じゃあ動かしてやると……?

僕の親愛なるムスコを優しく…

指をぐりぐり膣壁にまんべんなく当たるように動かし、かき回すと、「あ○」さんの腰の動きはさらに激しくなり、声はますます大きくなまめかしくなって。

思わずキスすると、今度は積極的に舌を絡めてくる!

気づくと「あ○」さん、舌をローリンローリンさせるベロチューのさなか、オマ○コをクチュクチュされつつも手をのばし、僕の親愛なるムスコを優しく握っていた。

横抱きの状態で唾液交換をしながら、互いの手で刺激し合うこと……何分?

ピピピピピッ!

アラームが鳴ってしまった……楽しい時間は早く過ぎ去る……などと感傷にひたっている場合ではない。

正常位素股

僕は「あ○」さんの手をつかんで離し、指を彼女の濡れに濡れた部分から抜き取り、そのぽっちゃりしたカラダを仰向けにさせて、「こすって……いいですか?

というわけで、目を半開きにしてこくりとうなずく「あ○」さんの足のあいだに腰を進め、クリの上にちょうどカリの裏が当たる正常位素股のスタイルでフィニッシュ!

ぐちょ濡れのオマ○コ周辺は熱くやわらかく、まさに正常位素股の醍醐味(ホントにヤッてるみたい!)を、存分に堪能することができたのだった……。

評価

嬢レベル ★★★★☆
高い。パッと見はふつうの奥さんだが、敏感体質でM属性あり。少なくとも僕にとってはアタリ嬢だ。
プレイ満足度 ★★★★★
きわめて高い。上にも書いたように、個人的な感じだけれど、僕との相性がよかったようだ。ディープキスに積極的なところもGoodである。
リピート有無 ★★★★★
めちゃくちゃアリ。また「ノーパンノーブラ」のオプションをつけて、今度は「140分淫乱特急コース(16,800円也)」でよりたっぷりねっとりやってみたい。