2017年11月8日

淫乱美巨乳ソープ嬢のベロベロ即尺濃厚プレイで骨抜きにされた話【MIKADO】

MIKADO

宇都宮風俗体験談

いつもは電話で呼んで遊べるデリヘルを利用している僕だけれど、今日はちょっと趣向を変えてソープランドに行った(そしてイッた)話をしよう。

特に行きたかった店はなかったので、いつもお世話になっているヘブンネットで検索した時にたまたま一番上に出てきたお店に決定!!
※注※この検索結果はタイミングによって表示が異なります(笑)
宇都宮ソープで検索した際にヒットするページはこちら

80分コースでねっとりお世話になったのは、宇都宮市池上町に店舗を構える老舗MIKADOだ。

MIKADO

MIKADO

見た目は勿論、性格も良さも面接でチェックし、10日間の『体験入店』、そしてお客様アンケートをもとに再度、面接のうえで正式採用する、まさに厳選された女の子によるワンランク上のサービスを大衆店の料金で実現。見た目だけではない性格美人との濃厚なサービスと当店でしか味わえない優雅なひとときをお過ごし下さい。

平日昼間のあ・そ・び

スマートフォンを見る男そのとき、とある木曜日(仏滅)の朝――。

老若男女が華金を前に死力を振り絞って学業に、仕事に励むために電車に揺られている頃。僕は振り替え休日で家にいて、チ●コビンビンで過ごしていた。

おっと、打ち間違いじゃない。

僕はまごうことなきビンビンだった。期待に胸とシモの袋をふくらませ、トーストを焼きつつ
スマホでヘブンネットをチェックしていた

平日の昼間にしか出勤していない風俗嬢

風俗を愛する諸兄なら覚えがあると思うけれども、平日にたっぷり時間があるというのは、要するにふだん昼間にしか出勤していない風俗嬢を指名するチャンスなのである。

はんたくん
はんたくん

イイ女っぽい。
このコとアレしたりコレしたりしたい!

そう思いつつも平々凡々たるサラリーマンのかなしさで平日の昼間は肌を合わすことができない、そんな彼女たちと思う存分、ロングコースでアレコレできる絶好の機会なのである!

惰眠をむさぼってる場合じゃない。僕は8時には目覚め、こういう日のために用意していたリストをチェック。

平日休みの日に指名したい嬢リスト”だ。

そのリストをもとに、ヘブンネットでその日に出勤中の嬢の顔ぶれを見てゆく……。

ロリ系熟女系色白清楚系黒ギャル系ゴリゴリのドが付くS系スパンキングで濡れちゃうドM系妖艶な人妻系セーラー服が似合う女学生系
……などなど、さまざまな種類の嬢がいる。

平日の昼間にしか出勤していない風俗嬢

り○こ嬢僕がその日の“お相手”に決めたのは、風俗街としては首都圏の隠れた名スポットとして知る人ぞ知る宇都宮市池上町に鎮座するソープランド【MIKADO】に在籍中の嬢!

“スレンダーGカップの淫乱系ソープ嬢”というふれこみの「り○こ」ちゃん。

写メ日記、動画、店長コメント……あらゆるデータに目を通したうえで「平日、ソープで遊ぶならこのコだな」と前々から目をつけていた嬢なのだ。

彼女は、――公称30歳(僕と同い年だ!)、Gカップの美人系ソープ嬢。

はんたくん
はんたくん

Fuuuuu!マシュマロ美巨乳!

ヘブンネットでは“顔出し”でプロフィール画像が掲載されており、さらに動画でそのほどよく熟れつつあるボディが息づくさまも確認できる。

くびれた色白のカラダにオシャレな“へそピ”がキュート。キレイに染め上げた金髪をうなじが出る長さにしたベリーショートな髪型もGoodだ。

池上町に行くのは人生で二度目……!

宇都宮市池上町ところで、僕は人生で初めて利用したのがソレだったってこともあって、ふだんは筋金入りのデリヘルユーザーだ。ソープランドは、学生時代に酔っ払って友達と突撃した1回しか経験がない。

ソープに関しては花も恥じらうセカンド童貞なのである。

しかし、何しろ今日は特別な日だ。特別なことをヤッて、何がわるかろう!というわけで、さっそく【MIKADO】に電話をかける。

若干、尻上がりなイントネーションで店員氏が電話に出た。

店員
MIKADO店員

はーい?

はんたくん
はんたくん

はい。えーっと今日、予約をしたいんですが

店員
MIKADO店員

お目当ての女の子は決まってらっしゃいますか?

はんたくん
はんたくん

いらっしゃいます。『り○こ』ちゃんです

店員
MIKADO店員

ふむふむ。『り○こ』ちゃんですねー。お早めのお時間ですと、大体1時間後、10時10分からイケますけれども?

はんたくん
はんたくん

なるほどー……

はんたくん
はんたくん

じゃあそれでお願いします。80分、SPコースで

その後、料金説明。料金は入浴料5,000円!そのうえでサービス料が別途かかり、指名料やら何やらあって総額は1万円札を3枚持っていけばおつりが出るレベルとのことだ。

【MIKADO】の80分SPコースとは!?

その名も“帝王”を意味する宇都宮市池上町のソープランド【MIKADO】。

60分コース

80分ノーマルコース

80分SPコース

110分コース

60分、80分、110分とコースは4つに分かれていて、80分にはノーマルなやつとSPコースが存在する。そんなシステムになっていて、僕が利用したのはSPコースだった。

何がスペシャル(SP)なのか……皆さん気になるでしょう?ん?

お教えしましょう!
【MIKADO】のSPコースはノーマルなソープのプレイに入る前、
顔を合わせた次の瞬間にズルッと下半身を剥かれてパクっとされる
――いわゆる「即尺」が付いている、そんなコースなのだ!

実際にはどんな内容だったのか、それはこれからの展開にご注目である。

角を曲がると、そこに桃源郷があった……!

東武宇都宮駅――というわけで、ウキウキワクワクしながらサッとシャワーを浴びて(ただしチ●コはこれ以上ないくらいに丁寧に洗う……何しろ「即尺付き」なのだ)、家を出た。

池上町は、東武宇都宮駅から徒歩3分。僕の家からも歩いていける距離である。

平日。営業中らしいスーツ姿のサラリーマン、バイクをうならせて走る郵便局のオジサン、などなどなど。そんな働くマンたちのまっただ中を、Tシャツに革のジャケットをはおった僕がゆうゆうと行く――

はんたくん
はんたくん

イイ気分だ!

君たちはこれから得意先や手紙を待つ人々の家に向かうが、僕はソープでヌイてもらうのである。(ま、もちろんその翌日は僕も鼻水をすすりながら仕事に励むことになるのだが)

居酒屋ふくべの1軒隣にMIKADO

居酒屋ふくべの隣がMIKADOさて、そんなこんなで東武宇都宮駅から北へ約3分、池上町に到着する。

HISの営業所があるトコを右に曲がって、さらに安くてうまい居酒屋「酒蔵ふくべ」の手前で左の路地に入ると、池上町4丁目――右側に見えるのが【MIKADO】の堂々たる店舗である。

ひと昔前のちょっとしたお城みたいな石垣、瓦、張り出し窓、石灯籠、のれんをくぐって店内に入る感じだ。遠くで大通りを車が行き交う音、人々が平日の営みに励んでいる声や音がかすかに聞こえてくるが、路地はしん、としていた。

時計を確認すると、10時ちょい過ぎ。僕はついにのれんをくぐって飛び込んだ!

待合室にて。

人生観が変わった男この日、僕の人生観が変わった――そんな大層なことを言うつもりはない。たかだか80分、最高級のイイ女と抱き合ってアレコレした、それだけのことだ。

でも、【MIKADO】ののれんをくぐって
店に入る前と、すべてを終えて再びのれんをくぐって店を出たあとの僕との間には、確実に違いがある

僕は今、決心している。

はんたくん
はんたくん

即尺サービスがあるお店の場合は、
ためらうことなくそれを利用しよう!

もちろん即尺、いわゆる「そんな、まだお風呂に入ってないのにダメだよぉ♡」ビクンビクン というサービスについてまったく知らないわけじゃないし、デリヘルでそれっぽいことをヤッてもらったこともある。

しかし、【MIKADO】の「80分SPコース」の一環として行われた即尺は、そんな僕の記憶を覆し、永遠に「これはいいものだ」という認識を刻み込むのに十分な素晴らしさだったのだ!

僕は責められるより責めるのが好きだけど…

攻め好きの男とはいえ、まずは順序だてて語るとしよう。

受付で若いニイちゃんを相手に(電話のヒトとは別の店員だった)料金の説明をあらためて聞き、唇を「へ」の字に結んだ諭吉を3人引き渡すと、僕は待合室に通された。

堂々たる城郭のような外観に比べると、やや控えめな待合室だった。ソファに座った。ほかに2人、お客がいたけれども静かだった。店員氏がアンケート用紙を持ってきて書けとうながすので、書いたのちに店員に渡した。

アンケートでは、
責められるのが好み/責めるのが好み
という項目で若干、迷う――。

事前にチェックしたところによると「り○こ」嬢は“ちょいS寄り”とのことだったので。ま、しかしウソをついても始まるまい。

はんたくん
はんたくん

僕は責められるより責めるのが好きな
風俗ハンター・はんたくん(30)なのだ!

やがて、待合室ののれんがサッとひらいて僕が呼び出された。いよいよ「り○こ」嬢と顔を合わせるときだ。

立ってみてください、お客さん。

ソープランドのベッド「り○こ」嬢は、絶妙なスタンスで僕を迎えてくれた。

不愛想ではなく、かといってぶりっ子的な「きゃ♡いやんっ♡」ベタベタ…みたいな意味のない絡みを仕掛けてくるわけでもない。

すっと通った鼻筋。半月型のパッチリした目、澄んだ瞳。そしてちょっぴり口角ゆるめの唇が淫蕩な雰囲気をかき立てる。ペロッと唇を舐める舌はピンク。

濡れた唇は――ああ、その唇に、僕はノックアウトされたのである!

「り○こ」嬢に手を引かれ(すべすべの手指。爪がきれいに磨かれているところもポイントだ)、個室へ。わずかにむんっとする湯の気配、あたたかな湿気が僕を包みこむ。

ベッドに並んで座る、――そして。

り○こ嬢
り○こ嬢

はじめまして。今日はご指名ありがとうございます

はんたくん
はんたくん

は、はじめまして……

ちょいハスキーめの声で、「り○こ」嬢が口火を切った。
両膝をそろえ、そのうえに手を重ねて置く丁寧な物腰に好感度は上がり、同時に急に緊張感が高まって上ずった声が出てしまった。

ぷっと吹き出した「り○こ」嬢。

り○こ嬢
り○こ嬢

大丈夫ですか?www

笑い声をあげるけれども嘲笑的ではなく、おかげで緊張はほぐれていった。目のフチに笑いを残したまま、「り○こ」嬢は少しずつにじり寄ってきた。

はんたくん
はんたくん

いやー、きれいなコが来ちゃったから緊張しちゃいましてね

まだお風呂にも入ってないのに!

り○こ嬢
り○こ嬢

ふーん
じゃあ、お客さん、立ってみてください

――“みてください”というのがイイ。立ってみたら、何があるんだろう?という期待感が高まる。

立ってみる。「り○こ」嬢のきれいな手指が僕のズボンのベルトにのびる。カチャカチャッと手際よくはずして、ズボンをするり。さらにその奥のパンツもするり。

ぶいんっ!と半勃起のムスコが斜めを向いてコンニチハ。

さすが“ちょいS寄り”らしく、「り○こ」さんは上目遣いで絡みつくような視線を僕に向け、目で僕の目を見つめつつムスコのほうに鼻を近づけてきた。

り○こ嬢
り○こ嬢

んふっ、お客さんキレイですね
キレイな匂いがする

はんたくん
はんたくん

いや、……ああ

僕の口から、アクメ寸前で焦らされる女の子みたいな声が出る。

そして――即尺が始まったのである!

即尺――それは第三次世界大戦後に文明が滅んだとしても、その後に伝えてゆくべきサービスである。

ベッドからおりてひざまずいた「り○こ」嬢、僕の鼠径部(足の付け根)あたりを手で押さえつつ、あの口角ゆるめの淫蕩な雰囲気の濡れた唇と舌で亀頭をたっぷりレロレロ。

そして唇をひらき、今やフル勃起の弾道ミサイルと化したチ●コを、根もとまでがっぽりとおさめるのであった……
ああ、まだお風呂に入ってないのに!(家でシャワー浴びたけど)

1発目はベッドで……!

舌舐めローリンローリンする舌の刺激に耐えた僕。

再びベッドに並んで座ると互いに服を脱ぎ(僕のTシャツは「り○こ」嬢が脱がせてくれた)、僕はしばし「り○こ」嬢の天然Gカップを夢中で眺めた。

ふっくりと盛り上がった2つの“丘”は、肌合いも美しくなめらかで、頂には色素が薄めの乳輪と乳首――乳輪がほぼ完璧な円を描いているところも見事だった。

り○こ嬢
り○こ嬢

もー、そんなに見られたら恥ずかしいですよ///

そんな彼女にイタズラ心が湧き、乳首をつんつん。手のひらをすべらせてひと揉み、ふた揉み。優しく揉んでみた。

り○こ嬢
り○こ嬢

……んあっ

イイ声が漏れる。ちょいハスキーめのオトナっぽい声で喘がれると、興奮もひとしおである。

先ほど蹂躙されて以来、勃起の勢いが止まらぬムスコがさらに硬度を増す。それに気づいたらしい「り○こ」嬢、そちらに手をのばした。

り○こ嬢
り○こ嬢

さっきの続き……してもイイですか?

はんたくん
はんたくん

イイよ。お願い

Gカップを触りやすい位置に持って行く

GカップGカップ美乳から手を離してあおむけになる僕。

そんな僕のわきにカラダをかがめ、さりげなく触りやすい位置にオッパイを持ってくる体勢で、唇と舌の口淫ご奉仕を再開する「り○こ」嬢!

ジュボッ、ジュポポッ――激しく音を立ててしゃぶられつつ、ふわふわのプリンのようなオッパイを夢中で揉みまくる僕!

限界が近い――その気配を悟ったのであろう、「り○こ」嬢は、ぐぱっと唇を離すと、カラダを真正面に直して僕に覆いかぶさってくる。

はんたくん
はんたくん

えっ、えっ……そのまま挿れちゃうの?
ちょっ、待ってイイの?そのままで

り○こ嬢
り○こ嬢

んふっ

口角を上げて艶然と微笑む「り○こ」嬢。ヌヌヌ……と腰を沈め、ひとつになりながら僕の耳に唇を寄せてきた。

り○こ嬢
り○こ嬢

大丈夫。ちゃーんと付けてるから♡

はんたくん
はんたくん

いつの間に!?

イタズラっぽい「り○こ」嬢の可愛らしい口調にこみ上げた愛おしさと、“付けてるなら構うもんか!”という思いが激しく交錯!

次の瞬間、僕らはベッドの上で激しく体をこすり合わせ、より深く繋がって、フィニッシュまで突っ走ったのだった……!

2発目はマットで……!

さて、快い痺れのような虚脱感を腰にまとわりつかせた僕。
そして、むっちりと匂やかな肉の満ちたGカップ美乳をぷるぷる震わせつつ喘ぐ「り○こ」嬢

しばしお休みしてから、今度は浴室スペースへ。

ソープランドのロングコースは、1回の遊びにつき2発射が基本である――というのは、モノの本にも書いてある。その2発目へと、僕らは赴いたのである。

り○こ嬢
り○こ嬢

お湯加減どうですかー?

はんたくん
はんたくん

うーん、最高です

ぬるくもなく熱くもなくちょうどいい感じになっている浴槽の湯に全身をひたし、汗と粘液を流す。

僕がそうやっている間に、「り○こ」嬢はマットプレイの準備。エアマットをさっと湯で流して、ローションを大量に用意する。そのあとで、浴槽に入ってくる。僕と向かい合うカタチで。

アナルが男の性感帯であることを再認識

ソープランドのマットそこでは互いのカラダに手指を這わせてイチャイチャしたり、かの有名な「潜望鏡」のサービスを受けたり――僕がチ●コだけを湯の上に出して、それを「り○こ」嬢が例の魅力的な唇でずっぽりつつんでレロレロしてくれるというやつである。

そして、浴槽を出てエアマットへ。

火照ったカラダをふかふかのマットの上に横たえると、「り○こ」嬢は先ほどつくった大量のとろとろローションを使って全身が溶け合うような密着ローションマッサージ……
というか何というか、とにかく全身とろける素晴らしいひとときである。

り○こ嬢
り○こ嬢

ここも舐めてイイ?
ここもイイ?

首筋、わき腹、二の腕の裏、手足合わせて20本の指――さらに、とんでもないところにまで舌を這わせる「り○こ」嬢
(僕はその日、アナルが男の性感帯であることを再認識した)。

そして、彼女は再び目にもとまらぬ早ワザでラテックス製のアイテムをわがムスコにかぶせ、そのうえから覆いかぶさってくる!僕らは、再びひとつになって……そして!

「り○こ」嬢が輝くような2つの“丘”を激しく揺らしつつ腰をグラインドさせ、奥をギュッと締めた瞬間に、僕はフィニッシュを迎えたのだった……!

嬢レベル ★★★★★
きわめて高い。
プロのワザを存分に発揮してくれただけでなく、絶妙な密着度の“恋人接客”で満足させてくれた。
プレイ満足度 ★★★★☆
高い。
即尺の素晴らしさをあらためて教えられたことは、生涯忘れえないインパクトだった。
ただ、1発目も2発目もフィニッシュが騎乗位スタイルだったところは軽く不覚であった。
バックや正常位のスタイルでも堪能したかった……!
リピート有無 ★★★★★
アリアリである
次こそは即尺も潜望鏡もマットプレイも、さらに騎乗位だけでなくバック、正常位、いろんなスタイルで楽しみたい!