2017年10月2日

S嬢にさんざんヌかれた話【宇都宮風俗ドスケベ共和国】

ドスケベ共和国

宇都宮風俗体験談

今回は、ふだんなら射程外のジャンルに挑んで頭が真っ白になるほどイカされてしまった……そんな話だ。お世話になったのは、デリヘル【宇都宮風俗ドスケベ共和国】

ドスケベ共和国

【宇都宮風俗ドスケベ共和国】

ホテヘルならドスケベ共和国 エロすぎ注意!!!どスケベ娘・どスケベ人妻が貴方をめくるめく快楽の世界に誘う魅惑の共和国♪ 男の夢☆夜這い・電車痴漢…さらに痴女に襲われる逆夜這い・逆電車痴漢!! 触り放題! 揉み放題!! ベロチューし放題!!! シャワータイム無料!!オプション無料!! 男と女が出会った瞬間即PLAY!!存分にどエロワールドをお楽しみください

最近は年のせいか、これから!というときにパワーが半減しちゃうようなことも増えたし、目先を変えてのぞんでみようと思って初TELしてみた次第である。

4つのコースから選択

ところでこの店、店舗で受付をしてからホテルに向かい、そこで嬢の登場を待つというスタイルで遊ぶのが基本だ。簗瀬町の店に行くと、愛想がよくて声が大きい店員氏に迎えられ、説明を受ける。

パネルを見て嬢を選び、コースを選ぶ。

コースは4つ。

ベッドで寝ている嬢に夜這い気分で挑んでいく「夜這いコース

こちらがベッドに寝てるところへ嬢がみだらに這い寄ってくる「逆夜這いコース

ホテルの壁に取り付けた“吊革”を握っている嬢を痴漢気分でいじり倒せる「痴漢コース

逆にこっちが痴漢される「逆痴漢コース」――。

Sっ気のある僕は本能的に「夜這いコース」をチョイスしようとしてしまったが……

選んだのは「逆夜這いコース」!

シャワー室いや!今日は趣向を変え、目先を変えてのぞむんだ!と思い直して「逆夜這いコース」を選んだ。

そしてちょうど出勤していて待機中だった「○な」ちゃんをチョイス――花も恥じらう19歳の乙女にして、エロテクがすごい逆夜這い・逆痴漢の名手だというので、お願いした。

ホテルでシャワーを浴びてしばらく待っているとドアがコンコン。

ドアをちょこっとだけあけると、「これどうぞ」――かわいらしい声。ネイルがきれいな19歳の手指が持っているのはアイマスク

これをつけて僕がベッドに寝転がっていると「○な」ちゃんが夜這ってくる。そういうシステムなのである。

一回り年の離れた、逆夜這い・逆痴漢の名手

果たして、湯上がりの体でベッドに横たわっていると、いろんな妄想を呼び起こす物音がして、聞こえる息づかいは甘酸っぱい女の子のもの……やっぱりわれ知らず、ドキドキしてくる。

一回り年の離れた、逆夜這い・逆痴漢の名手、そんな女の子にどんなことをされちゃうんだろう?

未知の体験に対する期待感をふくらませていると、ベッドの足もとがグイっとへこむ感覚があって、驚くほど近くで、「今日は何してほしくて来たの……?」首もとのあたりに熱い吐息をかけながら「○な」ちゃんが濡れたような声で尋ねてくる。

「あ。あの……」

2人っきりの部屋で、裸で向き合う、そんな経験は何度もあるはずなのに声が上ずる。

「すごい。お兄さん感度いいんだ」

ベッドルーム「うふ。今日はいっぱいしてあげるね」

な、何を……?と思っていると、ゆっくり「○な」ちゃんの吐息が首もとから胸へと下りていく感覚があって、熱い舌が乳首をペロリする――電流が走ったような快感、とはまさにこれだ。

右の乳首をねっとり舐めながら、左乳首周辺を、ネイルできれいに仕上げた爪を立てるようにして刺激してくる。

すごい。お兄さん感度いいんだ

と、口調は大人びているものの声自体はまだあどけなさも感じさせるところがギャップ萌えだ。

わき腹や下腹を撫で上げ、乳首を舐め、内ももを爪の先でゆるゆる責められる……くすぐったさと、そして確かに気持ち良さがある。

ああ!確かにこの子は“名手”だ。俺も触りたい!と手を伸ばすと……

「ダーメ。いい子にしてて」と彼女は言った……。

どうやらMっ気をビンビンに発揮して悶えている僕を見下ろして、すっかりソノ気になってしまったっぽい「○な」ちゃん。手首を軽く押さえて触るのを禁じておいて、激しく全身リップを開始!

そして、「わあ。すっごく濡れてるよ。どんどんあふれてくる

ふだんはこっちのセリフだ。それを、ガマン汁をたっぷり分泌しているムスコをさわさわされながら言われると、たまらない羞恥心と、これまた確かに気持ちいい。ふーっと熱い、甘い息が亀頭全体にそそがれるのもイイ。

激しく咥え込むフェラにガマンが効かない

そして、「○な」ちゃんは舌を鳴らしながらフェラを始めるのだった……。

「んっ、んっ!」と可愛く息を漏らしてリズムをとりながら、激しく咥え込むフェラにはなかなかガマンが効くものではない!

おまけに、そのときようやくアイマスクをはずしてみると、黒髪で“ちょいぽちゃ”の19歳の乙女が僕の太ももに片手を添えて、空いた手で自分の胸もとをまさぐりながらフェラをしているところ……そのヴィジュアルがまたたまらず、「ああヤバい、イクっ」

こっちからは一指も触れることなく、イカされてしまったのである。

2回で許してもらいました……

「○な」ちゃんはしっかりその可愛らしい口ですべてを受け止めてくれて。洗面所でマウスをウォッシュしたあとで再び戻ってくる。

今度は僕に寄り添うように身をすべり込ませてくる「○な」ちゃん。

いっぱい出たねぇ。濃ゆかったよ

にこやかに言う「○な」ちゃん。決してアイドルフェイスというわけではないけれど、可愛らしくて愛嬌のある顔立ち。そして目もとがポーッと上気して、エロティックな雰囲気もたっぷり。

次もまた、濃ゆいの出してね

コース時間たっぷりもてあそばれた

あ……あれ?

僕の太ももをなでなでしていた彼女の手はいつの間にか、僕自身が出したものと「○な」ちゃんの甘酸っぱい唾液でぬるぬるのやつを握っていた。

そしてふたたびその手指を動かし、たまらずうめき声をあげた僕の耳たぶをやさしく噛んだ。

その日はコース時間たっぷりもてあそばれて結局2発。シーツがぐっしょりなるまで汗をかいて、快い疲れに身を浸すことになったのだった……。

評価

嬢レベル ★★★★☆
高い。雰囲気作りもプレイ内容も上手い。特にふだんはSっ気たっぷりの僕でも楽しめたくらいだから、M男クンはたまらないだろうと思われる。ただ、プレイの最中ふわふわの美乳を揉みまくってやりたい!と思いつつも逆夜這いなのでなかなかできなかった。そこがちょっと残念。
プレイ満足度 ★★★★★
高い。2回戦までできたのは久しぶりのことで、その意味でも感動がある。
リピート有無 ★★★☆☆
可能性はある。ふだんはS寄りのプレイを好んでいるのでなかなか機会はないかもしれないが。ただ、今回の体験が「もう一度味わってみてもいいかな」と思えるもののひとつだったことは間違いない。